刺繍作家 高嶺 尚子

  • プロフィール
  • 作品
  • お仕事
  • 日記
  • お問い合わせ
  • facebook
  • instagram

日記

2021.09.08

静かなる敗北感

もう秋がそこまで来ていますが、この夏の思い出話を1つ書こうと思います。

むすめが乳幼児期の夏、洗濯物に蝉がくっ付いていたのに気が付かず、2度ほど蝉まで部屋の中に入れてしまったことがあります。むすめに気付かれぬよう息を殺しつつ、カーテンを最大限に使って蝉を外に逃しました。その時、3度目が無いように、特に夏は気をつけようと心に誓ったはずでした。

その決意が完全に薄らいでいた、今年の夏。小2になったむすめと、お風呂に入り終わり、脱衣所に出る前にタオルで体を拭いていた時のことです。

可愛いキャラクター柄のむすめのタオルから、大きな虫が飛び出してきました。わたしは風呂椅子に座って、背を向けたむすめと話しながら拭いていたので、むすめの背中と自分の顔との狭い間に、突然飛んだ虫が非常に大きく見えました。

平静を装い、持っていたタオルを虫にバッと被せ、むすめにすぐ脱衣所に出るよう指示をし、自分も出て風呂のドアを閉めました。狭い風呂場で流れるような2人の動きだったと思います。怯えるむすめを宥めつつ、胸の中は咄嗟の自分の判断力を褒め称えたい気持ちでいっぱいでした。

その後を託した夫に虫の正体を聞くと、大型だと思い込んでいた虫はコガネムシでした。平常時なら決して怯まないのになと、少し敗北感も味わいました。

自分の判断力や敗北感を語る前に、むすめを怖がらせないように、洗濯物にもう少し注意を払おうと思います。4度目があってはなりません。