刺繍作家 高嶺 尚子

  • プロフィール
  • 作品
  • お仕事
  • 日記
  • お問い合わせ
  • facebook
  • instagram

日記

2020.09.14

あまいあまいカブ

 

国語の宿題で、「おおきなかぶ」の音読をしていたむすめ。

「あまいあまい、おおきな おおきな かぶになりました。」という文を読んだところで、むすめの音読が止まりました。

 

「ママ!まだカブを抜いて食べてないのに、なんでカブが甘いってわかるの?」とむすめが言いました。

 

音読の宿題を終えてからむすめと考え、カブを抜く前におじいさんが茎をかじって味を確かめた、もしくはカブの汁が出ていてそれを舐めて甘さが分かった、という2つの結論に至りました。