刺繍作家 高嶺 尚子

  • プロフィール
  • 作品
  • お仕事
  • 日記
  • お問い合わせ
  • facebook
  • instagram

日記

2021.02.10

びっくりナンパー?

 

最近、家族内で相手が少しだけ驚くようなことをして、「びっくりナンパー?」と尋ねるとても地味な遊びが流行っています。何パーセントか聞かれているのに、答える側は010といった度数で答えなければなりません。

 

むすめは大人から23という少しのびっくり度数を得られただけで喜び、わたしがうっかり驚いてしまい58のびっくり度数を告げると、震えんばかりに喜んでいます。

 

逆に夫がむすめを少し驚かしたところ、夫の予想以上に驚いたむすめは「8…」と怒りに震えながらびっくり度数を答えていました。夫は、ヤバイという顔でむすめを見つめていました。