刺繍作家 高嶺 尚子

  • プロフィール
  • 作品
  • お仕事
  • 日記
  • お問い合わせ
  • facebook
  • instagram

日記

2021.01.25

淡いグレー

 

下絵を布に写すとき、ライトボックスを使います。少しでも、下絵の線が明確に見えるように、下絵を白黒で塗り分けるところから始めます。

 

塗り分けには、薄墨筆ペンを使っています。色々なペンを試しましたが、細かい所まで塗り分けられ、滲みにくいので薄墨筆ペンが1番使いやすいです。輪郭線より色が薄い所もすごく良いです。白黒に塗り分けていると、具体的な色のイメージもわいてくるので、自分にとっては大事な作業なのだと思います。

 

薄墨筆ペンはメーカーによって、グレーの色が違ったり、ペン先のしなやかさが違ったりして、奥深い感じがします。色塗りばかりに使い、文字を書いたことはあまりありませんが、いつか誰かと薄墨筆ペンについて話してみたいなと思います。