日記

2012.01.14

料理

1作目の絵本の一部です。ご馳走に囲まれています。刺繍とアクリル絵の具で描きました。

本日発売の「料理男子」という雑誌に、煮込みハンバーグを作る夫が掲載されています。
夫は料理をするのが好きで、それを知る友人に声をかけられて、自宅で取材を受けることに
なりました。

いざ取材・撮影の日、編集者の方、ライターさん、カメラマンさんに見守られる中、夫は
楽しそうにハンバーグを作っていました。私は出番がないのになぜかとても緊張してしまい、
とにかく部屋の端で息をひそめていました。

順調に撮影が終わり、お茶を出そうと思い、母にもらったショウガ茶の準備を始めました。
ただでさえ無駄に緊張していたし、この方達は食のプロなんだ、おいしく入れなきゃ失礼か
も・・・うすいショウガ茶なんか出したら取り返しがつかないかも!!などと、さらなるプレッシャーで頭がいっぱいに。 
そんなこんなで、ものすごく濃くて辛いショウガ茶を訳の分からないまま出しました。
みなさん、夫のハンバーグの余韻ではなく、お口の中はショウガ味でいっぱいで帰られたと
思います・・・